心に残る楽しい旅を!人気の添乗員同行のオプショナルツアー

オプショナルツアーで一番の楽しみとは?

絶大な人気を誇る添乗員が同行する、オプショナルツアーがあるんですよね。宿泊地では、常連客が「一番の楽しみ」と口をそろえる宴会が始まるんですよ。車エビやハモ、ウニや馬刺しなどがズラリと並ぶ中、添乗員は正座をして宴会を進行します。そして配膳が一通り終えたことを確認すると、静かに席を立つんですね。約10分後、突然着物を身にまとった添乗員が舞台に上がると、待ってましたとばかりに宴会場は一気に盛り上がりを見せるんですよ。

宴会芸で添乗員が盛り上げる!

オプショナルツアーの添乗員は、宴会場で1曲歌うと、数分後には別の衣装で再登場するんですよ。今度は間奏の合間に衣装を替える早業を見せ、顔が赤らみ始めた参加者からは拍手喝采が送られるんですよね。さらには真っ赤な口紅をひいたおばあちゃんや、着物を着崩したおじいちゃんの格好も披露し、腰をくねらせるなど滑稽な動きで宴会場を闊歩するんですね。これにはホテルの仲居までもが手をたたいて笑い、約2時間の宴会は大盛況のうちに幕を下ろすんですよ。

添乗員のこだわりオプショナルツアー!

近年のオプショナルツアー旅行では、安く済むこともありバイキング形式の夕食が増加しているんですよね。しかし人気の添乗員は宴会にこだわり、「宴会で旅の良し悪しが決まる」とまで言い切るんですよ。「知らない人同士でも酒を酌み交わすと距離感が縮まり、和ができる。そんな宴会の魅力を多くの人に感じてほしいから、宴会場ではいつも真剣勝負」というのが添乗員のこだわりなんですね。客にどうしたら喜んでもらえるか、どうしたら心に残る旅行を提供できるかと考え、笑いを詰め込んだ今のスタイルになったということですよ。

団体ツアーの自由行動日に、自分が行きたい場所やアトラクションを加える事ができるのがオプショナルツアーのメリットです。